早めの学習が有利になる

まもなく小学校でも英語が教科化されることによって、英語を勉強しなくてはいけない時代になってきました。小学校の英語においても、話したり聞いたりするだけでなく単語を書くといったようなこれまで中学生で行ってきた勉強が入ってくるようです。

 

こうした新しい学習内容が増加するのに、子供がついていくためには、早めの英語学習のスタートがポイントになります。これまでは英語学習と言えば中学校から勉強すれば良いと言う感じでしたが、これからは小学校、できれば小学校でも低学年の段階から英語を勉強していかなければならなくなります。

 

英語は言葉なので、早く勉強し始めれば早く勉強し始めただけ身に付くことになります。書くと言う事はとても難しいですが、話したり聞いたりと言う力は小さい頃から体に身に付けておくと、小学校になってから有利になります。余裕があれば幼稚園の段階から英語教育をスタートしていくと、英語に慣れ親しむことができます。